主催者(講師)紹介




photograph
マサノスケ(本名:杉本将丈)
53才 神奈川県出身
慶応義塾大学理工学部卒

大手建設会社に4年間勤務ののち退社、1997年スペインへ渡る

木炭デッサン 部分人体デッサン

4年間のマドリード滞在中 コンプルテンセ大学美術学部、アルティウムペーニャ美術アカデミーにてデッサン・伝統絵画技法を学ぶ。
マドリード工科大学にて建築デザインおよび建築史を学ぶ。
シルクロ・デ・ベージャス・アルテス(美術研究所)にて人物描写の経験をつむ。
現地の美術家・建築家と親交を結ぶ。価値観の転換、決定的な影響を受ける。

鉛筆デッサン_スペイン人モデル

2001年 スペインより帰国

同年 銀座「ギャラリーキクタ」にて個展

2002年 国際芸術交流NPO設立に参画

2003年 チェコ共和国に滞在する 国際芸術交流企画と平行し東欧のモダニズム、写真芸術、抽象表現絵画を研究する



同年 プラハ 「ウ・ズラテーホ・コホータ」ギャラリーにて個展



2004年 プラハ国際アートフェア “ARTPRAGUE2004”出品

同年 2年間のチェコ共和国滞在より帰国 前田寛治大賞展出品

2005年 絵画教室「あとれす横浜」設立

同年 金沢「美術サロンゆたか」にて個展 

2016年 横浜元町「Gallery fu」にて個展




2021年〜2022年「よみうりカルチャー自由が丘」にてデジタル絵画の講座を担当
デジタル絵画テキスト


2022年 横浜「ギャラリーしみず」にて個展
Solo-show-gallery-shimizu


公募団体等無所属

現在、19年目の教室指導を継続中






I
Home I あとれすの考え方 I あとれすの特色 I クラスの案内 I 入会の案内・費用 I 主催者紹介 I アクセス案内 I ギャラリー I リンク・情報集 I サイトマップ I